映像制作のお仕事」カテゴリーアーカイブ

映像制作やグラフィック編集についての投稿です。

CM動画を制作しました

この度
画家 中村裕介(なかむらゆうすけ)氏による
ゴールデンウィーク開催の
“水彩画展”告知CMを
担当いたしました。

中村裕介氏は
本物と見間違えるほどリアルな描写で
まるで写真のような絵を描きます。

今回はその絵に2.5次元の表現を加え
平面を立体的にして
奥行と躍動感のある映像にしました。

使用ソフト:Adobe After effects CC, Premiere CC

・中村裕介/水彩画展2019 告知CM

個展の詳細はこちら

◆日程
2019年4月29日(月)~5月5日(日)
初日12:00オープン
11:00~19:00(最終日17:00まで)

◆場所
新天町北通り
風 ギャラリー風
〒810-0001
福岡市中央区天神2-8-136
TEL 092-711-1510
http://www.artwind.jp/





桜を2.5次元の映像制作で表現

今回オーダーいただいた桜の映像制作に伴い
提案させていただいた表現として
桜の木が風で揺れる様を、2.5次元で表現しました。

・メインとなる桜の写真を用意し

・Photoshop上でアルファチャンネルとブラシツールを使用して、動かしたい手前の枝2つを縁取りします。

・縁取りしたら自動選択ツールと塗りつぶしツールを使用して切り抜きたい部分のみを塗りつぶします。

・塗りつぶしたら、階調を反転させます。

・RGBチャンネルをすべて加えるとこうなります。

・選択範囲→選択範囲を読み込む で「アルファチャンネル」を読み込むと切り抜きたい部分だけが選択されますので、そのまま「Ctrl」+「j」でレイヤーを分ける。

・コピースタンプツールを使用して背景を作るか別途背景を用意すれば

・下準備は完了。

ここからはAfter Effectsを使用して作成します。

作成方法は省略しますが、対象となるレイヤー(今回は桜の枝のレイヤー)にパペットツールを適用してキーフレームでモーションをつけました。

・こちらがパペットピンツールで動きをつけた枝です。

・CC Particle Worldで作成しておいた花びらを加えると、より空気感がでます。

ありがとうございましたm(__)m

映像の製作完了しました

こんばんは🌃
映像の製作が一段落しました。
After Effectsで徐伸線の作成は

  • シェイプレイヤー + ペンツール
  • シェイプレイヤー→パスのトリミング
  • シェイプレイヤー→線

が設定自由で良かったです(o^-^o)
あとは、お客様の反応を待ちます。

映像制作中の様子