How To/マニュアル」カテゴリーアーカイブ

実用的な方法や技術、手順などをご紹介します。

Soundcraft Siシリーズの簡易マニュアル

si compact本体

急用で必要になった時のSoundcraft Siシリーズの簡単なマニュアルです。
備忘録として記録したので、年代や型式は様々ですが基本的な部分は大差なく使えると思います。

使いたい機能


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

Soundcraft Si Expression/インプットのパッチ方法

目的

音響卓のインプットポートに入力した信号を任意のチャンネルに割り当てたい(パッチしたい)

手順

インプットパッチしたいチャンネルを選択します。

INPUTSを押します。

SCROLL/ADJUST ダイヤルでPatching-Input Patchの項目を選択します。

SCROLL/ADJUST ダイヤルを押すと現在パッチされているポートが表示されます。
チェックマークがはいっているポートが現在設定されているポートです。

パッチしたいポートを画面タッチします。
ページを変更したい場合は < や > を画面タッチしてください。

MENUを押します。

Patching-Input Patchが変更されたのが確認できます。

パッチング完了です。
MENUを押すとMAIN MENUにもどります。


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

Soundcraft Si Expression/リセットの方法

目的

過去に使用した設定を全てリセットして、デジタル音響卓を初期値の状態に戻したい

手順

MAIN MENUからSYSTEMを選択します。

RESET ALLを押します。

YESを押します。

完了


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

4Kシームレススイッチャー
BARCO/PDS-4Kの簡易マニュアル

BARCO,PDS|4Kの画像

本体の設定 | Setup

本体を工場出荷時へリセットしたい | Factory reset

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す) → Reset → Factory:Full
→ Yes (Clear All Configs and Formats?)→再起動して完了

※注意※リセットすると任意で構成したレイアウト等も初期値へ戻ります。Event Master Toolsetで構成したマルチビュー等のレイアウトがある場合は以上のことをご留意ください。

プレビューとTAKEを使用してオペレーションする設定をしたい | Operate while previewing

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ System → Operation Setup

  • System Mode:2x 4K60
  • Front Panel Setup → Mode:Full Screen
  • Auto Take:(Onにするとダイレクトで切り替えることができる)
  • Black on Invalid Video:On

本体フロントパネルの下段を無効にしたい | If use only one system

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ System → Operation Setup
→ Front Panel Setup → Top Row → PGM2:Off → フロントパネルのボタンが無効になる

テストパターンを使用する | Useing TEST PATTERN

メインアウト|Main Out

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Out put
→ Test Pattern

  • Type:任意のパターンを選択
  • Output Raster Box:Onにするとラスターボックスが加わる
  • Diagonal Motion:Onにするとテストパターンに動きが加わる

マルチビュー | Multiviewer

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Multiviewer
→ Test Pattern

  • Type:任意のパターンを選択
  • Output Raster Box:Onにするとラスターボックスが加わる
  • Diagonal Motion:Onにするとテストパターンに動きが加わる

インプットの設定 | Input settings

EDIDの設定をしたい | EDID settings

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Input
→ 任意のチャンネルボタンを押す → EDID → Format (任意の解像度)

インプットの信号を確認をしたい | Check the signal

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Input
→ 任意のチャンネルボタンを押す → Format (現在入力中の解像度)

カラースペースを変更したい(SMPTE,RGB) | Change color space

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Input
→ 任意のチャンネルボタンを押す → Format Adjustment
→ Color Space:任意の形式を選択

HDCPを解除したい | HDCP detective

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Input
→ 任意のチャンネルボタンを押す → HDCP→ HDCP Mode(HDCPを解除したい時はOff)

静止画像をキャプチャーして使用したい | How to use capture

  • 本体に取り込みをして登録する | Capture and record
    Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Still Stores
    → Capture From Input → Source Name:ADUST/PUSH TO SELで任意のチャンネルを選択 → Capture New StillでADUST/PUSH TO SELを押す → キャプチャー完了
  • キャプチャーした画像をLogo/Matteボタンへ割り当てる | Assign to Logo/Matte button
    Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Output
    → Logo/Matte → Select Type:Still → Select Stillでキャプチャーした静止画像を選択
    → Logo/Matteボタンにアサイン完了

アウトプットの設定 | Output settings

メインのアウトプット | Main output

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→AV Settings→Out put

  • Screen:PGM1 (出力ポートの選択)
  • Format:任意の解像度(1920x1080p @60 etc…)
  • Transition Time:任意の数値(画面切替え時のフェードタイム:秒)
  • Layer Mode:Mixer
  • HDCP→ Mode(HDCPを解除したい時はOff)

プレビュー(マルチビュー) | Multiviewer

Setup Menuメニュー(ADUST/PUSH TO SELを押す)→ AV Settings → Multiviewer

  • Format:任意の解像度(1920x1080p @60 etc…)
  • Select Layout:4種類から選択
    ※注:任意にレイアウトする為には別途Event Master Toolsetで構成する必要あり。また、本体リセットをかけるとレイアウトもリセットされます。
    パターン01パターン1
    パターン02パターン2
    パターン03パターン3
    パターン04パターン4

    ※Event Master ToolsetをPDS-4Kに接続すると以下のような構成も可能
    オリジナルレイアウト
  • HDCP→Mode(HDCPを解除したい時はOff)

弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

zoomアプリ

zoomのショートカットキー for Windows

zoom会議で使えるとっさのショートカットキーです。

ホスト・参加者共通

  • ツールバーのON/OFF = 「Alt」
  • ビデオのON/OFF = 「Alt」+「V」
  • マイクのON/OFF = 「Alt」+「A」
  • 画面共有のON/OFF = 「Alt」+「S」
    ※画面共有中に「Alt」+「S」で共有を解除
  • ミーティングコントロールのON/OFF = 「Ctrl」+「Alt」+「Shift」+「H」
  • ギャラリービュー = 「Alt」+「F2」
  • スピーカービュー = 「Alt」+「F1」
  • 全画面のON/OFF = 「Alt」+「F」
  • チャット画面のON/OFF = 「Alt」+「H」
    ※全画面中は飛び出して表示され、OFFはできません。

ホスト/共同ホスト

  • ユーザーパネル(参加者)のON/OFF = 「Alt」+「U」

最後にコロナウィルス感染拡大防止の為に、音楽イベントや飲食店などの集まりが制限されている今、Feel Songoodでは新たに生配信の事業を立ち上げ、アーティストの活躍の場やサービスを提供するお店とお客様をつなげ、今までのコミュニティやサービス提供に貢献できるよう努力いたします。
また、当社では商品・サービスの魅力をわかりやすくお伝えするCM動画や商品・サービスの紹介動画制作を行っております。動画制作に必要なナレーターの手配~録音業務や、BGM・音楽制作も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

縦伸びや横伸びの画面を修正する方法
ANALOG WAY/Quick Vu

スイッチャーの出力する比率(アスペクト比)に合わせてPCなどのデバイスの出力解像度を設定します。
例えば、最終的な出力アスペクトが4:3(XGA:1024×768)の時、 入力するデバイスの出力も4:3(XGA:1024×768)の比率に設定します。

しかし、パソコンなどのデバイスの出力がうまくいかない場合があります。
例えば、スイッチャーの入力ステータスが16:9(Full HD:1920×1080)のアスペクト比となり縦伸びの出力結果になることがあります。

原因は様々ですが、時間がない時の対処方法のひとつを
ご紹介します。

縦伸びする画面を正常な4:3にしたい場合

原因

サイドパネルの信号を入力しているので縦伸びしている。

入力信号
表示装置

対処法

  • ピラーボックス/サイドパネルの左右をカットする。
    任意のINPUTボタンを押す → Aspect Out→ Centered

横伸びする画面を正常な16:9にしたい場合

原因

レターボックスの信号を入力しているので横伸びしている。

入力信号
表示装置

対処法

  • レターボックスの上下をクロップする。
    任意のINPUTボタンを押す → Aspect Out→Cropped

以上です。

Soundcraft Si Compact/2つのフェーダーをリンクさせる方法

目的・用途

2つのフェーダーをリンクさせて、1つのフェーダーを動かすともう一つのフェーダーも自動で動くように設定する方法です。LチャンネルとRチャンネルを同時に動かしたいときに便利です。

si compact本体

手順

LINKしたい2つのフェーダーのうち左側1つを[SEL]ボタンで選択します。
注意:選択できるのは奇数のフェーダー番号のみ

selボタン

[MENU]ボタンを押します。

menuボタン

「INPUTS」を押します。

メニュー画面

INPUT SETUP画面に切り替わります。

inputs setup画面

SCROLL/ADJUSTつまみで[TYPE]を選択して押します。

スクロールつまみ
typeを選択
 

SCROLL/ADJUSTつまみで[Linded]を選択して押します。

linkedを選択

となりのフェーダーが[ON]になり、リンクが完了しました。

リンク完了
フェーダーリンク完了

以上です。


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

未割り当て領域を利用して
ボリューム(パーティション)を拡張させたい

Windows10, DiskPartを使用した
ボリューム(パーティション)の削除と拡張手順

ストレージを新規購入したときや、
未割り当ての領域を利用してパーティションのサイズを大きくしたい事があります。
ストレージを大きいサイズ(容量)のものへバージョンアップし、
内容も新しいストレージへ 完全にコピー(クローニング)して起動できたとしても
空き容量がフルで使えない場合です。

今回、そのようなことが起こり、解決できたので備忘録としてご紹介します。


エクスプローラーでストレージを確認します。総容量は296GBとなっています。

エクスプローラーでストレージを確認

次に、「ディスクの管理」で確認します。
スタートメニュー→「Windowsの管理ツール」→「コンピューターの管理」を起動し、
「ディスクの管理」を選択します。

Windows 管理ツール
Windows 管理ツール
コンピュータの管理
コンピュータの管理
ディスクの管理
ディスクの管理

約1TBのSSDの使用可能領域が296GBとなっています。
右側の634GBパーティションは回復パーティションとなっています。

634GBパーティションは回復パーティションとなっています

約1TBのSSDの領域をフルで使用するため、296GBのパーティションを拡張したいと思いますが、
「ボリュームの拡張」オプションがグレーで表示されました。

「ボリュームの拡張」オプションがグレーで表示されました

領域を拡張するには「拡張したい領域」に連続した「未割り当て領域」があることが必要です。
しかし、隣接するボリュームが「未割り当て領域」になっていません。

隣接するボリュームが「未割り当て領域」になっていない

未割り当て領域にするためにボリュームの削除をしたいのですが、
「ボリュームの削除」オプションが選択できません。
このままでは約1TBの容量をフルで活用することができません。

今回は、そんな時のボリューム(パーティション)を拡張する手順のご紹介です。

ボリューム(パーティション)の削除手順

ディスクの管理内で行う方法もありますが、
できなかったので、今回はDiskPartを使用して行うことにします。

1.コマンドプロンプトを起動します。

  • ショートカットキー:[Windows]キー + [R]キーで
    「ファイル名を指定して実行」を起動。
  • 「cmd」と入力して[OK]をクリック。

2.コマンドプロンプトからDisk Part.exeを実行します。

  • 「diskpart」と入力しEnter。
  • ユーザーアカウント制御のダイアログボックスで
    「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」がでるので、
    [はい]をクリック。
  • DiskPartが起動する。

3.ディスクの使用状況を確認します。= list disk

  • 「list disk」と入力してEnter。
  • 全ディスクの状況が表示される。
  • ちなみに、コンピューターの管理だと赤枠の部分

4.ディスクを選択します。= select disk #(今回はディスク0)

  • 「select disk 0」と入力してEnter。
  • ディスク0が選択される。

5.念のため選択されたディスクを確認します。

  • 「list disk」と入力してEnter。
  • 選択されたディスクに*印がつく。

6.選択されたディスクのパーティションを確認します。= list partition

  • 「list partition」と入力してEnter。
  • パーティションが表示される。

7.削除したいパーティションを選択します。= select partition #(今回はパーティション3)

  • 「select partition 3」と入力してEnter。
  • パーティション3が選択される。

8.念のため選択されたパーティションを確認します。

  • 「list partition」と入力してEnter。
  • 選択されたパーティションに*印がつく。

9.選択されたパーティションを削除します。=delete partition override

  • 「delete partition override」と入力してEnter。
  • 正常に削除された。

10.「ディスクの管理」で確認します。
スタートメニュー→「Windowsの管理ツール」→「コンピューターの管理」を起動します。
「未割り当て」になりました。

「未割り当て」を確認しました

これでボリューム(パーティション)の削除は完了です。
続いてボリュームの拡張を行います。

ボリューム(パーティション)の結合・拡張手順

11.「ディスクの管理」をひらきます。
スタートメニュー→「Windowsの管理ツール」→「コンピューターの管理」を起動し、
「ディスクの管理」を選択します。

Windows 管理ツール
Windows 管理ツール

コンピュータの管理
コンピュータの管理

ディスクの管理
ディスクの管理

12.拡張したいパーティション上で右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

拡張したいパーティション上で右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択

13.「ボリュームの拡張ウィザード」が表示されるので、[次へ]をクリックします。

「ボリュームの拡張ウィザード」が表示されるので、[次へ]をクリック

14.ディスクの領域を使用してボリュームを拡張します。
「ディスク領域(MB)を選択」の値を「最大ディスク領域(MB)」に設定して[次へ]をクリックします。

「ディスク領域(MB)を選択」の値を「最大ディスク領域(MB)」に設定して[次へ]をクリック

15.[完了]をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードの完了

16.「ディスクの管理」で確認します。
パーティション(C:)が拡張されました。

パーティション(C:)が拡張されました

以上、ボリューム(パーティション)を拡張する手順のご紹介でした。


当社では商品・サービスの魅力をわかりやすくお伝えするCM動画や商品・サービスの紹介動画制作を行っております。また、動画制作に必要なナレーターの手配~録音業務も行っておりますので、動画での集客についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

Windows10で他のパソコンとフォルダーを共有する方法
(ローカルPCの共有設定)

事前の準備

共有したいデータを格納するパソコンAと、他のパソコンBを準備します。
2台のパソコンをLAN回線でつないでおく。
2台のパソコンにIPアドレスを割り振り、設定しておく。


データが格納されているフォルダの共有化

1.パソコンAを立ち上げて、共有したいフォルダを確認する。
(ここではフォルダー名をshareとしておきます)

shareフォルダ

2.共有したいフォルダを右クリックし「プロパティ」を選択する。

右クリックしてプロパティ

3.プロパティダイアログから「共有」タブを選択して[共有]ボタンをクリック。

プロパティダイアログから「共有」タブを選択して[共有]ボタンをクリック。

4.名前を入力する枠の右にある∨ボタンをクリックしリストの中から「Everyone」を選択し[追加]ボタンをクリック。

Everyoneを選択し[追加]ボタンをクリック

5.共有する相手にEveryoneが追加されるのでEveryoneのアクセス許可レベルを「読み取り/書き込み」に変更する。

アクセス許可レベルを「読み取り/書き込み」に変更

6.ダイアログの下部にある[共有]ボタンをクリック。

[共有]ボタンをクリックする

7.「すべてのパブリック ネットワークの探索とファイル共有を有効にしますか?」というダイアログがでる場合は[はい]の方を選択する。

すべてのパブリック ネットワークの探索とファイル共有を有効にしますか?

8.「ユーザーのフォルダは共有されています」というウィンドウになるので[終了]ボタンをクリック。

ユーザーのフォルダは共有されています

9.プロパティダイアログの「共有」タブの[詳細な共有]ボタンをクリック。

[詳細な共有]ボタンをクリック

10.「このフォルダを共有する」にチェックマーク☑を入れて [OK]ボタンをクリック。

このフォルダーを共有するにチェックマークを入れる

ここまでで、ネットワーク上で共有フォルダ(share)が確認できる状態になります。しかし、読み取り以外のアクセスができません。他のパソコンから共有フォルダへデータを入れたり、データのファイル名や内容を変更することはできません。これは、アクセス許可が制限されているためです。

この操作を実行するアクセス許可が必要ですのダイアログボックス

この次は、共有フォルダ内のデータを他のパソコンから追加・変更したりできるように、アクセス許可の設定をしていきます。もし、他のパソコンからの追加・変更を許可したくない場合はアクセス許可の設定を飛ばして、IPアドレスの確認:手順15からお読みください。


アクセス許可の設定

11.[アクセス許可]ボタンをクリック。

アクセス許可をクリック

12.アクセス許可:Everyoneの設定で「フルコントロール」の許可にチェック☑を入れて [OK]ボタンをクリック。

フルコントロールを許可する

13.[OK]ボタンをクリック。

[OK]ボタンをクリック

14.[閉じる]ボタンをクリック。

閉じるをクリック

以上でパソコンAのフォルダ(share)の共有化が完了し、ネットワークでつながれたローカルPCからの読み取りや書き込みといった、アクセスができる状態になりました。
最後に他のパソコンからパソコンAのフォルダ(share)へアクセスする方法のご紹介です。


IPアドレスの確認

15.まずは、他のパソコンからアクセスするために、パソコンAのIPアドレスを確認しておきます。

IPアドレスの確認手順
  1. パソコンAの「ファイル名を指定して実行」をする。
       ※ショートカットキー:[Windows]キー + [R]キー
  2. 「cmd」と入力し[OK]を押してコマンドプロンプトを起動する。
  3. 「ipconfig」と入力しEnterを押す。
  4. IPアドレスの一覧が表示されますので、IPv4 アドレスに注目する。
    パソコンAのIPアドレスが192.168.11.118の場合
    IPv4アドレス・・・・・192.168.11.118
    と表示されている。
  5. アドレスをメモにとって控えておく。

共有化したフォルダへのアクセス

16.共有化したフォルダにアクセスするパソコンBを立ち上げます。

17.パソコンBで「ファイル名を指定して実行」をします。
   ※ショートカットキー:[Windows]キー + [R]キー

ファイル名を指定して実行のショートカット

18.パソコンAのIPアドレスを入力する。
   例:アドレス192.168.11.118の場合 → ¥¥192.168.11.118

ファイル名を指定して実行からIPアドレスの入力

19.ネットワークのウィンドウが開いてパソコンAの中が表示され、パソコンAの共有可能なフォルダ(share)が表示されました。

20.共有フォルダのショートカットを作成して、任意の場所へ配置して完了。

共有フォルダのショートカット

以上がローカルPCでの共有化の方法でした。
データの移行が容易にできるので、是非ご活用ください!

シームレススイッチャー
ANALOG WAY/Quick Vuの簡易マニュアル

ANALOG WAY/Quick Vu本体

本体の設定

オールリセットする

Menu → Control → Reset/Erase → Default values

プレビュー画面のID表示をOFFにする

Menu → Control → Functions → Preview ID □チェックをはずす

入力信号がなくても入力ボタンを選択可能にする

Menu → Control → Functions → Auto Lock □ チェックをはずす

入力信号がない入力チャンネルへ
自動でQuick Frameが適用されるのを解除する

Menu → Control → Functions → Auto Q. Frame □ チェックをはずす

比率の違う画面切り替えのエフェクトを解除する

Menu → Control → Functions → Dynamic Fit □ チェックをはずす

映像の切り替え時にフェード効果をかけたい

Effect → Opening effect → Effect duration → “0”~”1.0s”etc…
※ Preset toggleモードを使用時は注意が必要、下記に説明あり

INPUT ボタンひとつでダイレクトに切り替えたい

Menu → SCREEN → Auto TAKE☑チェックをいれる

プレビュー画面をスイッチング時にSWAPにしたい

Menu → SCREEN → Preset toggle☑チェックをいれる

テストパターンを使用する

PROGRAM OUT/フチ&グリッド

  • フチ:Menu → OUTPUT 1 PROG → Centering pic☑チェックをいれる
  • グリッド:Menu → OUTPUT 1 PROG → Test pattern → Grid

PREVIEW OUT/フチ&グリッド

  • フチ:Menu → OUTPUT 2 PRVW → Centering pic☑ チェックをいれる
  • グリッド:Menu → OUTPUT 2 PRVW → Test pattern → Grid

SDI OUT/フチ&グリッド

  • フチ:Menu → VIDEO OUT → Centering pic☑ チェックをいれる
  • グリッド:Menu → VIDEO OUT → Test pattern → Grid

インプットの設定

アスペクト比の設定する(スクイーズや横伸びの解消)

任意のINPUT ボタンを押す ”1” or “HDMI 1” → Aspect OUT から下記のいずれかを選択する。

  • 1:1・・・入力した映像の画素と、表示装置上の画素が一対一に対応させる。
    拡大や縮小の処理はしない。
  • Centered・・・サイドカットする。
  • Full screen・・・入力した映像信号を表示装置の画面いっぱいに表示させる。
    入力した映像の縦横比は表示装置の縦横比に合わせる為、横長や縦長に見えることもある。
  • Cropped ・・・上下カットする。

画角がおかしい映像をきれいに枠に収まるようにしたい
(アナログ入力のみ)

下記のいずれかを実行

  • Menu → IMAGE → Auto centering
  • 任意のINPUTボタン1~4を押す → Auto centering

縦伸び・横伸びの画面を修正したい

Aspect Outの設定方法

Quick Frameで静止画像をキャプチャーして使用したい

  • 画像の取り込みをして、登録する
    Menu → FRAME → Original for rec.
    → PROGRAM or PREVIEW → Enter → Record Frames
    → Frame No.#→ 登録完了
  • 登録した画像の選択
    Menu → SCREEN → Quick Frame → Frame No.#
  • 登録した画像を使用する
    Quick Frameを押す
  • 登録した画像の消去
    Menu → FRAME → Erase → Frame No.#

HDCPを解除したい

MENU → INPUTS → Input 1~4, HDMI1~2 → HDMI settings → HDCP Enable □チェックをはずす

出力の設定

PROGRAM OUT【DVI/D-sub】の解像度の設定

Menu → OUTPUT 1 PROG → Output format → 任意の解像度

PREVIEW OUT【DVI/D-sub】 の解像度の設定

Menu → OUTPUT 2 PRVW → Output format → 任意の解像度

SDI OUT の解像度の設定

Menu → VIDEO OUT → Output format → 任意の解像度

アウトプットのHDCP 探知機能を解除する

Menu → OUTPUT※ ※※ →HDCP detect□ チェックをはずす(HDCP探知機能を解除)

レイヤーを使用したフェードやカットの設定について

EffectのOpening effectとClosing effectの Type を設定すると「カット」や「フェード」など、切替に効果を与えることができます。初期設定では1レイヤーでの使用となっているので Opening effect のtypeの設定を1回行えば完了します。しかし、Preset toggleモードを使用する場合は設定に注意が必要です。

Preset toggleモードにおけるレイヤーについて

上記で説明したPreset toggleモードでは、EffectのOpening effectとClosing effectの設定はAレイヤーとBレイヤーにそれぞれ適用されます。例えばTypeを”cut”に設定した時、それはレイヤーAもしくはレイヤーBを設定したことになります。なので、もう一方のレイヤーには設定が適用されていない状態になります。フェードやカットで統一したい場合はAレイヤーとBレイヤーそれぞれで設定すると可能です。以上のことから、どちらのレイヤーを設定しているのか把握するのが難しいので、本番中に変更する場合は注意が必要です。同じチャンネルで切り替えれば出力に影響は出にくいと思われます。

Preset toggleモード時のまとめ

  • Preset toggleモード = 2レイヤー仕様となる。
  • エフェクトのTypeはAレイヤーとBレイヤーのそれぞれで設定する必要がある。

弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。