compact」タグアーカイブ

Soundcraft Siシリーズの簡易マニュアル

si compact本体

急用で必要になった時のSoundcraft Siシリーズの簡単なマニュアルです。
備忘録として記録したので、年代や型式は様々ですが基本的な部分は大差なく使えると思います。

使いたい機能


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

Soundcraft Si Expression/インプットのパッチ方法

目的

音響卓のインプットポートに入力した信号を任意のチャンネルに割り当てたい(パッチしたい)

手順

インプットパッチしたいチャンネルを選択します。

INPUTSを押します。

SCROLL/ADJUST ダイヤルでPatching-Input Patchの項目を選択します。

SCROLL/ADJUST ダイヤルを押すと現在パッチされているポートが表示されます。
チェックマークがはいっているポートが現在設定されているポートです。

パッチしたいポートを画面タッチします。
ページを変更したい場合は < や > を画面タッチしてください。

MENUを押します。

Patching-Input Patchが変更されたのが確認できます。

パッチング完了です。
MENUを押すとMAIN MENUにもどります。


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

Soundcraft Si Expression/リセットの方法

目的

過去に使用した設定を全てリセットして、デジタル音響卓を初期値の状態に戻したい

手順

MAIN MENUからSYSTEMを選択します。

RESET ALLを押します。

YESを押します。

完了


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。

Soundcraft Si Compact/2つのフェーダーをリンクさせる方法

目的・用途

2つのフェーダーをリンクさせて、1つのフェーダーを動かすともう一つのフェーダーも自動で動くように設定する方法です。LチャンネルとRチャンネルを同時に動かしたいときに便利です。

si compact本体

手順

LINKしたい2つのフェーダーのうち左側1つを[SEL]ボタンで選択します。
注意:選択できるのは奇数のフェーダー番号のみ

selボタン

[MENU]ボタンを押します。

menuボタン

「INPUTS」を押します。

メニュー画面

INPUT SETUP画面に切り替わります。

inputs setup画面

SCROLL/ADJUSTつまみで[TYPE]を選択して押します。

スクロールつまみ
typeを選択
 

SCROLL/ADJUSTつまみで[Linded]を選択して押します。

linkedを選択

となりのフェーダーが[ON]になり、リンクが完了しました。

リンク完了
フェーダーリンク完了

以上です。


弊社では各種イベントに必要な映像・音響に関するサポートを行っております。
学会やセミナーのほか音楽イベントやコンサートは「フィールソングッド」にお任せください。
イベントを成功へと導くお手伝いをさせていただきます。