フィールソングッド」タグアーカイブ

シームレススイッチャー
ANALOG WAY/Quick Vuの簡易マニュアル

ANALOG WAY/Quick Vu本体

本体の設定

オールリセットする

Menu → Control → Reset/Erase → Default values

プレビュー画面のID表示をOFFにする

Menu → Control → Functions → Preview ID □チェックをはずす

入力信号がなくても入力ボタンを選択可能にする

Menu → Control → Functions → Auto Lock □ チェックをはずす

入力信号がない入力チャンネルへ
自動でQuick Frameが適用されるのを解除する

Menu → Control → Functions → Auto Q. Frame □ チェックをはずす

比率の違う画面切り替えのエフェクトを解除する

Menu → Control → Functions → Dynamic Fit □ チェックをはずす

アウトプットのHDCP 探知機能を解除する

Menu → OUTPUT※ ※※ →HDCP detect□チェックをはずす

映像の切り替え時にフェード効果をかけたい

Effect → Opening effect → Effect duration → “0”~”1.0s”etc…

INPUT ボタンひとつでダイレクトに切り替えたい

Menu → SCREEN → Auto TAKE☑チェックをいれる

プレビュー画面をスイッチング時にSWAPにしたい

Menu → SCREEN → Preset toggle☑チェックをいれる


テストパターンを使用する

PROGRAM OUT/フチ&グリッド

  • フチ:Menu → OUTPUT 1 PROG → Centering pic☑チェックをいれる
  • グリッド:Menu → OUTPUT 1 PROG → Test pattern → Grid

PREVIEW OUT/フチ&グリッド

  • フチ:Menu → OUTPUT 2 PRVW → Centering pic☑ チェックをいれる
  • グリッド:Menu → OUTPUT 2 PRVW → Test pattern → Grid

SDI OUT/フチ&グリッド

  • フチ:Menu → VIDEO OUT → Centering pic☑ チェックをいれる
  • グリッド:Menu → VIDEO OUT → Test pattern → Grid

インプットの設定

アスペクト比の設定する(スクイーズや横伸びの解消)

任意のINPUT ボタンを押す ”1” or “HDMI 1” → Aspect OUT から下記のいずれかを選択する。

  • 1:1・・・入力した映像の画素と、表示装置上の画素が一対一に対応させる方式。
    拡大や縮小の処理はしない。
  • Centered・・・入力した映像信号の縦の長さを、表示装置上の縦の長さに合わせて縦横の比率を変えず、 拡大や縮小対応させる方式。
  • Full screen・・・入力した映像信号を表示装置の画面いっぱいに表示させる方式。
    入力した映像の縦横比は表示装置の縦横比に合わせる為、横長や縦長に見えることもある。
  • Cropped ・・・入力した映像信号の横の長さを、表示装置上の横の長さに合わせて
    縦横の比率を変えず、 拡大や縮小対応させる方式。

画角がおかしい映像をきれいに枠に収まるようにしたい
(アナログ入力のみ)

下記のいずれかを実行

  • Menu → IMAGE → Auto centering
  • 任意のINPUTボタン1~4を押す → Auto centering

Quick Frameで静止画像をキャプチャーして使用したい

  • 画像の取り込みをして、登録する
    Menu → FRAME → Original for rec.
    → PROGRAM or PREVIEW → Enter → Record Frames
    → Frame No.#→ 登録完了
  • 登録した画像の選択
    Menu → SCREEN → Quick Frame → Frame No.#
  • 登録した画像を使用する
    Quick Frameを押す
  • 登録した画像の消去
    Menu → FRAME → Erase → Frame No.#

出力の解像度設定

PROGRAM OUT【DVI/D-sub】

Menu → OUTPUT 1 PROG → Output format → 任意の解像度

PREVIEW OUT【DVI/D-sub】

Menu → OUTPUT 2 PRVW → Output format → 任意の解像度

SDI OUT

Menu → VIDEO OUT → Output format → 任意の解像度

空調服を導入しました。

今年の夏は気温35℃以上が続き、外で活動するには危険な環境が続いてますがいかがお過ごしでしょうか?
暑さでヘトヘトになり、仕事のパフォーマンスが落ちたりしていませんか?

今回、熱中症を防止することはもちろん、外現場でのパフォーマンス向上の為、暑さ対策として空調服を導入しました。

「空調服」とは服に付いた小型ファンで服の中に外気を取り入れ、汗を気化させて体温を下げる服です。
人間が本来持つ体温調節機能を最大限まで高めてくれます。

ファンの動力源はリチウムイオンバッテリーです。
4段階の風量調整が可能で、風量を弱くすると24時間、風量を強くすると8時間という具合に持続時間に影響します。

涼しくなる仕組みは、空調服の中でかいた汗に風を当て気化熱を奪うことで体温を下げているので、クールインナーの上に空調服を着用すると効果が上がるようです。

空調服を動かすとケンシロウの用な体格になります(笑)

涼しいですよ♪
皆様、暑さには気をつけてお過ごし下さいm(__)m

発表会のリハーサル

こんばんは

今夜は、7月22日(日)開催のラピア音楽院発表会のリハーサルでした。

生徒さんや講師演奏のリハーサル。

無事に終わりました♪

本番が楽しみです!

7/22(日)
福岡市男女共同参画推進センター:アミカス(4Fホール)
住所:福岡市南区高宮3丁目3-1
13:00~
入場無料

ぜひお越しください(*^-^*)

 

桜を2.5次元の映像制作で表現

今回オーダーいただいた桜の映像制作に伴い
提案させていただいた表現として
桜の木が風で揺れる様を、2.5次元で表現しました。

・メインとなる桜の写真を用意し

・Photoshop上でアルファチャンネルとブラシツールを使用して、動かしたい手前の枝2つを縁取りします。

・縁取りしたら自動選択ツールと塗りつぶしツールを使用して切り抜きたい部分のみを塗りつぶします。

・塗りつぶしたら、階調を反転させます。

・RGBチャンネルをすべて加えるとこうなります。

・選択範囲→選択範囲を読み込む で「アルファチャンネル」を読み込むと切り抜きたい部分だけが選択されますので、そのまま「Ctrl」+「j」でレイヤーを分ける。

・コピースタンプツールを使用して背景を作るか別途背景を用意すれば

・下準備は完了。

ここからはAfter Effectsを使用して作成します。

作成方法は省略しますが、対象となるレイヤー(今回は桜の枝のレイヤー)にパペットツールを適用してキーフレームでモーションをつけました。

・こちらがパペットピンツールで動きをつけた枝です。

・CC Particle Worldで作成しておいた花びらを加えると、より空気感がでます。

ありがとうございましたm(__)m