便利」タグアーカイブ

zoomアプリ

zoomのショートカットキー for Windows

zoom会議で使えるとっさのショートカットキーです。

ホスト・参加者共通

  • ツールバーのON/OFF = 「Alt」
  • ビデオのON/OFF = 「Alt」+「V」
  • マイクのON/OFF = 「Alt」+「A」
  • 画面共有のON/OFF = 「Alt」+「S」
    ※画面共有中に「Alt」+「S」で共有を解除
  • ミーティングコントロールのON/OFF = 「Ctrl」+「Alt」+「Shift」+「H」
  • ギャラリービュー = 「Alt」+「F2」
  • スピーカービュー = 「Alt」+「F1」
  • 全画面のON/OFF = 「Alt」+「F」
  • チャット画面のON/OFF = 「Alt」+「H」
    ※全画面中は飛び出して表示され、OFFはできません。

ホスト/共同ホスト

  • ユーザーパネル(参加者)のON/OFF = 「Alt」+「U」

最後にコロナウィルス感染拡大防止の為に、音楽イベントや飲食店などの集まりが制限されている今、Feel Songoodでは新たに生配信の事業を立ち上げ、アーティストの活躍の場やサービスを提供するお店とお客様をつなげ、今までのコミュニティやサービス提供に貢献できるよう努力いたします。
また、当社では商品・サービスの魅力をわかりやすくお伝えするCM動画や商品・サービスの紹介動画制作を行っております。動画制作に必要なナレーターの手配~録音業務や、BGM・音楽制作も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

シンクラックで、簡単PCスタンド

PAの現場では、機材を設置するスペースが限られている場合もあります。
今回は、限られたスペースの中で安全にオペレーションできるように
いろいろと考え、実際に使ってみて役にたった道具をご紹介します。
最近では当たり前ですが、音源をPCで再生することも多く
パソコンを音響卓に接続して音楽を流すこともあります。
スペースがない場合は不安定な場所にパソコンを置くことがありましたので、
改善すべく台を用意することにしました。

段ボールで作った棚の画像

音響卓の上は物を積み上げることができません。
台本やタイムスケジュールの他に、ペンやヘッドホンなど
音響卓の上のデッドスペースにちょっとした台があれば
オペレーションが、よりスムーズになると思い
まずは、実験的に段ボールで台を作成しました。

段ボール製の棚にパソコンを載せた画像

パソコンでも大丈夫です😊

段ボール製の棚を現場で使用した画像

実際に現場で検証。

段ボール製の棚を現場で使用した画像その2

大事な現場なので、万全の態勢で臨むべく「安全・安心」を第一に
考えたスペースの活用方法です。
大変快適だったので、バージョンアップしました。

◆パール金属/セキュア パイプ 棚 ◆

パール金属/セキュア パイプ 棚・商品画像
  • メーカー型番: H-6690
  • サイズ: (約)幅315~545×奥行230×高さ210~260mm
  • 重量: (約)490g
  • 耐荷重: (約)5kg
  • 材質: 金属部/ステンレス鋼、樹脂部/ABS樹脂(耐熱温度80度)
  • 原産国: 日本
  • 価格:約1,500円

設置すると

パール金属/セキュアパイプ棚を現場で設置した画像

バッチリ❗

横に315~545mmと伸縮可能で、脚もそこそこがっちりしているので、
さまざまな現場で使えます。

パール金属/セキュアパイプ棚を現場で設置した画像その2
パール金属/セキュアパイプ棚を現場で設置した画像その3
パール金属/セキュアパイプ棚を現場で設置した画像その4

組み立て式なので、バラバラにすることで持ち運びも可能。

B4ケースの画像

私の場合は、100yenショップにある
B4サイズのメッシュケースに入れて、
リュックサックで持ち運びしております。

大変オススメです。

200yenで手元明かりを作りましょう!

現場で、なにかと必要になる手元明かり。

大きくもなく、スリムで、場所を選ばず
任意の場所を照らす事ができる物を
探していたらちょうど良いものがありました。

MIGHTY BRIGHT 譜面台用ライト Xtra Flex Duet2 BLACK

電池式の譜面灯として使える物ですが
専用のアダプターを用意すれば
コンセントからも電源がとれます。
⇓こちらからも購入できます⇓
サウンドハウス

 

非常に良い商品だと思いつつ
買わずにいた、ある日
100Yenショップを物色していると、
パソコンのUSB接続タイプの
グースネック付きLEDライトを見つけました。

電池からUSBへのアダプタや
コンセント(並行)からUSBのアダプタがあれば
どちらからでも電源を供給できると考え購入。

上の写真のように組み立ててみました。

双頭のライトにする予定でしたが

USBの電源を一口→二口に分けるアダプタが
見つからなかった為とりあえずひとつバージョンです。
明るさは、A4の書類くらいなら十分読むことができるほどの
明るさと広がりがあります。
電源は充電池を使用してみました。
再利用できます。

スイッチも付いてますのでON・OFFが可能です。

ライト部分はダイソー
電池→USBの変換はセリアで購入しました。
電源部分はコンセント→USBタイプに代えれば、
コンセントからでも点灯可能です。
パソコンのUSBへ挿せばアダプタも必要ありません。
結果、200円(税別)で良いものが手には入りました!

今のところ8時間くらいは連続使用できておりますので、
現場でも非常に役に立っております!

おススメです😊