縦伸び」タグアーカイブ

縦伸びや横伸びの画面を修正する方法
ANALOG WAY/Quick Vu

スイッチャーの出力する比率(アスペクト比)に合わせてPCなどのデバイスの出力解像度を設定します。
例えば、最終的な出力アスペクトが4:3(XGA:1024×768)の時、 入力するデバイスの出力も4:3(XGA:1024×768)の比率に設定します。

しかし、パソコンなどのデバイスの出力がうまくいかない場合があります。
例えば、スイッチャーの入力ステータスが16:9(Full HD:1920×1080)のアスペクト比となり縦伸びの出力結果になることがあります。

原因は様々ですが、時間がない時の対処方法のひとつを
ご紹介します。

縦伸びする画面を正常な4:3にしたい場合

原因

サイドパネルの信号を入力しているので縦伸びしている。

入力信号
表示装置

対処法

  • ピラーボックス/サイドパネルの左右をカットする。
    任意のINPUTボタンを押す → Aspect Out→ Centered

横伸びする画面を正常な16:9にしたい場合

原因

レターボックスの信号を入力しているので横伸びしている。

入力信号
表示装置

対処法

  • レターボックスの上下をクロップする。
    任意のINPUTボタンを押す → Aspect Out→Cropped

以上です。